「カルデラでしか見れない景色が、そこにはある。」

 

ここは、世界最大級のカルデラをもつ阿蘇。

1,000年以上紡がれてきた人と自然と農業が共生する暮らしがあります

阿蘇の草原に包まれて、ほっと一息ついてみませんか

そして、リアルタイム雲海カメラをチェックして、

あなたも阿蘇の雲海を自分の目で、ぜひ見に行きませんか?

 

 

 

 

雲海とは

「雲海」とは雲を高いところから見下ろした時、その上面が海のように広がってみえる状態のことで、英語では”sea of clouds”と表現されるまさしく「雲の海」のこと。飛行機の窓などからは気軽に見ることが出来るものの、普通に町で暮らしている限りはめったにお目にかかれない現象です。

世界有数のカルデラを誇る阿蘇地域では、雲海の発生に理想的な霧が溜まりやすい盆地の地形を有し、日本を代表する雲海スポットとして知られています。人気の理由はドライブルートや休憩所などから雲海を望むことが出来、車を降りたらすぐに雲海を見ることが出来るという気軽さから。雲の先には阿蘇五岳。自然が作り出す絶景を見に多くの方が早朝から阿蘇地域を訪れます。

 

雲海の発生条件
1.朝晩と日中の急激な気温変化
2.適度な水分があること(湿度)
3.風のない穏やかな気候

雲海の発生には様々な条件が重なることが重要と言われていますが、簡単に説明すると、まず放射冷却で地表付近の気温が下がり、空気中の水蒸気が凝結して霧が発生。そして霧が溜まりやすい盆地の地形や風が弱いこと、更には前日からの湿度の高さや気温の急低下といった様々な条件が揃うことが重要と言われています。

そして、阿蘇エリアの各地に、雲海の発生状況をリアルタイムで確認可能な「雲海カメラ」が稼働中です。現在、先行して阿蘇市、南阿蘇村、南小国町、小国町からのリアルタイム動画を閲覧いただけます。